考えるつゆくさ

乳がん治療の記録、子どもの教育や心理などについての考えをつづります

乳がん治療の記録【45】術後せん妄?

午後、別室に行き、退院後の生活についての説明を受けました。昨日の今頃は体の一部を切り取る手術をしていたというのに、すでにもう立ったり歩いたりしゃべったりして普通に過ごせるなんて、よく考えたらすごいことだなぁと思いました。痛み止めの飲み薬のおかげで痛みもありません。

夕方ごろから、なんだか頭の中がふわふわしてきました。見えるもの聞こえるものが何かおかしい。夢の中にいるような、嘘の世界にいるような・・・。

例えば、ベッドの上にいると、右手側が長く続く廊下のような気がするのです。でも、見ても廊下はありません。左手側にはエレベーターがあるような気がするのです。窓しかないのに。ベッドの頭側はもちろん壁ですが、広場が広がっているような気がし、そしてベッドが傾いている気がします。

きわめつけは、棚の上の荷物が人の頭のように見えました。「怖い!」と思いました。小耳にはさんだことのある「術後せん妄」というやつではないだろうか・・・。

調べてみると、手術や麻酔の影響で妄想のような状態が起こることがあるようです。人によっては暴れ出すそうです。

「夜中暴れちゃったらどうしよう・・・」

また新たな不安に襲われました。

f:id:tsuyu-kusa:20211004160938j:plain

右手側が長く続く廊下のような・・・