考えるつゆくさ

乳がん治療の記録、子どもの教育や心理などについての考えをつづります

乳がん治療の記録【47】病棟内見学

入院4日目(手術後の翌々日)、ドレーン(手術したところにさされた血液やリンパ液などを排出する管)がとれて、自分を拘束するものがリストバンドだけとなりました。ドレーンがとれたので、明日の退院が決まりました。

二日ぶりにシャワーも浴びました。傷口には撥水加工のされたテープが貼られています。そこにもこわごわとお湯をかけました。

向かいのベッドのKさんが退院されました。病室が寂しくなりましたが、LINEを交換したので、これからも連絡をとり合ったり、またお会いできる日も来るでしょう。

病棟内は自由に歩いてよく、むしろ歩くのは体力の回復のためにもよいとのことで、あちこち探検をしてみました。コーヒー屋さんをのぞいて、コインランドリーものぞいて、マリア様が微笑みながらたたずむ聖堂も見学して、ベランダにいる鳩を撮影して、屋上にものぼって山を見ました。

調子にのりました。少し息苦しくなってきました。傷口が開いたらどうしようと今さらあわて始めました。心配性のくせに好奇心旺盛・・・。何事もほどほどに・・・。

f:id:tsuyu-kusa:20211004171533j:plain

傷口にはテープが連なって貼られています