考えるつゆくさ

乳がん治療の記録、子どもの教育や心理などについての考えをつづります

乳がん治療の記録【24】全身麻酔について

入院まであと2週間です。麻酔科の先生、薬剤師さん、看護師さんから入院や手術の詳細を聞くために病院へ行きました。

麻酔科の先生にたずねました。

全身麻酔は初めてなので、とても怖く感じています。素朴な疑問ですが、手術の途中で目が覚めたりは・・・」

「患者さんにとっては初めてでも、この病院では一日5、6件の手術が問題なく行われていますよ」

そりゃそうだ。

全身麻酔をすると呼吸が止まり、人工呼吸器をつけるのだそうです。

「呼吸が止まるんだ・・・。今まで止まったことないのに・・・。死ぬみたいで怖い・・・」と身震いしました。のどには人工呼吸器とつなぐためのチューブが入れられるそうです。想像しただけでおえっとなります。

 

f:id:tsuyu-kusa:20210313222628j:plain

麻酔マスクは医療ドラマなどでよく見ますね

麻酔科の先生は手術中ずっと「ちゃんと眠っているか」「呼吸はしているか」「痛みは感じていないか」をモニタリングしてくださっているのだそうです。少し安心しました。

そういえば中高時代の後輩に麻酔科の先生になった人がいます。こういうお仕事をしているんだな、と初めてわかりました。彼女に以前「モンスターみたいなうるさい患者さんとかいたりして大変じゃない?」と聞いたら、「眠らせちゃうんで平気です」と笑みをうかべていてかっこよかったです。

薬剤師さんからは薬のアレルギーがあるかどうかを聞かれます。手術後に痛み止めなどの薬を服用するためです。また、看護師さんからは手術当日のスケジュールなどを教わります。手術中は全裸なのだそうです。「え!恥ずかしい!」と思うのは私だけで、先生たちも看護師さんたちも何とも思わないでしょう・・・。

「あの・・・当日もし生理になったらどうなりますか・・・?」

「大丈夫ですよ。手術中は手術台にシートを敷きますし、手術後は紙パンツです」

「紙パンツ・・・」

今年は初体験が多そうです。